遺産を相続する場合の税金

遺産を相続する場合の税金

相続税は死亡者の遺産を相続したり、遺言で財産を継承した時に課税される税金のことです。まず遺産総額は死亡者から継承した全部の財産を合計し金額を出し、その次に遺産総額から非課税財産を差し引き正味の遺産額を算出します。また基礎控除額は3000万円+600万円x法定相続人数で計算できます。継承する金額が1000万円以下は税率10%で控除額はなし、1000万円から3000万円以下は税率15%で控除額は50万円となり、3000万円超から5000万円以下は税率20%で控除額200万円で、継承金額が6億円を超える場合は最高税率55%となります。具体的には遺産金額3000万円なら、3000万円x15%ー50万円=400万円が税金となります。課税対象になるのは現金、預貯金、株式などの金融財産以外に土地や建物の不動産も含まれます。相続する時は贈与税額控除、未成年者控除、障害者控除などもあるので、必要ならこの方面のプロである税理士へ相談してみるのがよいでしょう。

遺産を相続する期限

遺産を相続する期限

身内の不幸は急に訪れます、悲しみに浸っていると知らず知らずのうちに時間が経過してしまいます。心の整理がつくまでの時間、全ての手続きが凍結できれば良いのですが、そう言うわけにも行きません。そこで気になるのが遺産相続に期限があるかどうかです。
基本的には税金の申告によって考える必要があります。最も早く来るのが放棄や限定承認です。万が一遺産に借金があれば、その権利を放棄する手続きの猶予が知り得た日から3ヶ月になります。不要であることを宣言することで全てを受け取らないとすることです。限定承認はプラスマイナスを相殺してから余った分を受け取る手続きです。開始後4ヶ月で行わなければならないのが準確定申告で、故人が行うはずだった申告を遺族が代わりに実施することです。相続税の申告は開始後10ヶ月となっているので、支払いまでを期限内に行うようにしましょう。納税しないと無申告と見做されて、トラブルに巻き込まれるので注意が必要です。