クレジットカードの相続

クレジットカードの相続

クレジットカードを相続できると思っている方も多いかもしれません。
しかし残念ながらそれは間違いです。
相続時にはそれ自体は解約処分する必要がある点には注意が必要です。
たとえばカードを所有していた人が亡くなってしまった場合そのカードを相続人が引き継ぐことはできません。
基本的にカード自体は廃棄処分扱いとなり使用できなくするのが正しい対処方法です。
そのため、カードを所有していた人が亡くなりその相続人に自分がなった場合その旨をカード会社に連絡する必要があります。
その上でカード会社から贈られてきた廃棄処分するのに必要な書類に所定の必要事項を記入した上で送付する必要があります。
身近な方が亡くなった際には気持ちの整理はもちろんのことさまざまなものを引き継がなければならないため、ついその存在を忘れがちになりますが必ず「クレジットカード」の廃棄処分を行うようにしましょう。
ぜひ参考に忘れているカードの存在がないか確認して見ることをおすすめします。

借金を相続する際の対処方法は専門家に相談

借金を相続する際の対処方法は専門家に相談

相続では多額の現金は不動産を受け継ぐこともありますが、逆に借金のほうが多い場合もあります。
債務を受け継ぐと故人にかわって返済していく必要がありますが、あまりに額が多いとその返済も難しくなります。
債務を受け継ぎたくない場合は放棄することもできますが、後でトラブルにならないためにもまずは正しい方法を理解する必要があります。
こうした手続きで悩んだ場合は弁護士など専門家に相談することもおすすめです。

債務を受け継ぎたくない場合は相続放棄という方法で対応できます。
この方法であれば借金などマイナスの財産を受け継がなくて良いですが、そのかわりにプラスの財産も放棄することになります。
放棄すると相続権が他の人に移りますので勝手な判断で行わず、他の相続人とも相談して手続きを進めていきましょう。
しかもこの手続きは期限もありますのでできるだけ早く手続きを行うことが大事です。
手放したくない財産がある場合はプラスの財産の範囲内で払える限定承認を選ぶこともできます。