法律での相続の割合

法律での相続の割合

財産の相続が発生した時に法定相続分が重要になってきて、それは相続人が財産をもらうことができる割合を言います。その順位を確認すると配偶者は必ず法定相続人となり、次の第一順位は子供や孫(直系卑属)で第二位のそれは父母(直系卑属)、第三は兄弟姉妹(傍系血族)となります。
上位順位の人が生存中は順番的に下の人が財産を継承することはありません。

①財産継承する人が配偶者と子供の場合は、配偶者が二分の一で子供も二分の一になり、子供が複数いる場合はその二分の一を子供の人数分で均等に分けます。
例えば子供が二人の場合は一人の子供につき四分の一だけもらえます。

②夫或いは妻と父母のケースでは、夫或いは妻が三分の二で父母が三分の一です。

③夫それとも妻と兄弟姉妹のケースでは、夫それとも妻が四分の三になり兄弟姉妹が四分の一で、兄弟姉妹が複数の場合はその四分の一を人数分で均等に分けます。

基本的な財産分与の割合は以上ですが、詳細なことを知りたければ税理士に相談するのが良いでしょう。

相続の問題は法律の専門家に依頼をすると円滑に納まりやすい

相続の問題は法律の専門家に依頼をすると円滑に納まりやすい

相続の問題は、テレビやメディアなどを通じてよく聞きはしますが、いざ自分のこととなると慌てる人がたくさんいます。誰にどの程度遺産が残るのかなど正しく理解していない人は多く、親族間で揉めることも珍しくはありません。困ったときには最初から、法律の専門家に依頼をするのが賢明です。
いざ相続となると、今まで見たこともないような親族が現れたり、権利を主張する他人が出てくることもあります。親族だけでも大変なのに、皆が把握していない故人の縁故者が現れる度に対処をしていては、らちがあきません。
どこまでの範囲で相続が及ぶのか、権利を持っているのは誰なのかなどは、プロフェッショナルに依頼して判断してもらうのが1番です。
実績豊富な専門家なら、今までの経験からあらゆるケースに対応をすることができます。培ってきた引き出しの最大公約数で解決策を見出せるため、最短距離で処理することが可能です。
第三者で冷静なプロなら、俯瞰で物事を見て判断できますし、それぞれが納得できる結論に導いてくれます。