税金の計算方法と税率

税金の計算方法と税率

まずは相続税の対象となる資産の総額を出すことからはじめます。借金などのマイナスの資産も忘れないように計算しましょう。
土地や貯金などのプラスの資産から、借金などのマイナスの資産を引いて求めます。
基礎控除額は「3,000万円+600万円×法定相続人の人数」です。この記事では配偶者と子供2人のケースで計算してみます。基礎控除額は4,800万円となります。
資産の総額が1億800万円だと仮定すると、基礎控除額を引いた後は6,000万円です。配偶者と子供2人で分けるので、それぞれ3,000万円・1,500万円・1,500万円となります。
1,000万円~3,000万円の場合税率は15%ですので、それぞれ450万円・225万円・225万円となります。
さらに、控除額50万円を引いて400万円・175万円・175万円が相続税の金額です。配偶者控除が利用できるので、配偶者の税金はゼロ円になります。
相続にかかる税金の計算は複雑なので、専門家に相談だけでもしておくことがおすすめです。

相続財産を分与する方法と税金の計算について

相続財産を分与する方法と税金の計算について

遺産を複数の相続人に分与する方法には現物分割の他にも代償分割や換価分割、共有があります。いずれの方法で遺産を分与した場合でも、一定金額以上を受け継ぐと税金の課税対象となるため申告と納付が必要です。
相続税には基礎控除額が定められており、法定相続人が1人の場合は3600万円ですが1人増えるごとに控除額が600万円増えます。5人で遺産を承継する場合の基礎控除額が6000万円となり、この額を超えなければ課税されません。
遺産の中に不動産があり評価額が高い場合には、受け継いだ預金で税金を支払うことができない場合があります。そのような場合には相続人自身の財産で支払うか、銀行で借入を行ったり不動産を売却して支払わなければなりません。
実務的に物納はほとんど行われていないので、不動産の評価額が高く預金財産がほとんどない場合は税率や税額を検討して具体的な納税方法について対策を講じる必要があります。
基礎控除の他にも配偶者に対する控除や小規模宅地等の特例、死亡保険金や死亡退職金の控除など各種控除制度が存在します。